記事詳細

ARTICLE DETAIL

【合説中止!?】スカウト型就活サービスで内定はでるの?

【合説中止!?】スカウト型就活サービスで内定はでるの?

皆さん、スカウト型就活サイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。スカウト型就活サイトとは、簡単に言うとサイト上に自分のプロフィールを載せておくことで、企業からオファーをもらい優先的に選考してもらうことができる、企業と学生のマッチングサービスです。

初めてこのサイトを知った人は、企業からオファーが来るということにびっくりするかもしれません。スカウト型就活サイトを使っていれば面倒な就活をしなくとも企業に入れてしまうように感じてしまいますが、実際のところどうなんでしょうか。



スカウト型(オファー型)就職サイトの特徴

このサービスは、学生と企業の両方にメリットがある仕組みになっています。就活生は、企業説明会や集団面接を受けなくとも企業の人事とつながることができ、企業側も事前に相手がどんな学生かわかった上でアプローチをかけれるので、普通の選考よりも期間が短くできます。

更に学生はプロフィールさえ登録していれば企業から勝手に来るので自分で企業を探す手間が省けます。自分の思いもしなかった企業から連絡が来ることで、自分のニーズがこんなところにあったのかという新たな気づきも得ることができるでしょう。

どんな会社からスカウトが来るのか

主にベンチャー企業がメインです。大手企業からスカウトが来ることもありますが、大半のサービスではベンチャー企業からメッセージが来ます。スカウト一つ送るにも企業側はお金を払っているので、自分にすごく関心を持ってくれている内容であれば、選考を進むことを考慮しても良いでしょう。

また、自分が考えもしなかった企業からオファーがくることもあります。というのも企業はあなたのプロフィールや自己PRを見た上で「この学生はうちの会社が気にいるだろう。」または「活躍してくれるだろう。」と考えた上でスカウトを送っているからです。その場合は「この企業興味ないし…」とは流さずに一度目を通し、理由を聞いてみたりすると自己分析では見えていなかった部分が見えて来るかも知れません。

 

 

オススメのスカウト型(オファー型)就活サイト

スカウト型就職サイトにはかなり多くのサイトがあります。以下に、いくつかのスカウト型就職サイトを挙げていきます。

1. iroots

irootsは大手企業もベンチャー企業も厳選された企業しか登録されていない点が大きな特徴です。

中小企業が多いですが、大手企業からもスカウトが来ます

なので大手志望の学生も多く利用されています。スカウト型となると、適当に申請を送ってくる企業が多いこともあるのですが、irootsは他と比べて信頼できるサービスとして評判が高いです。

しかし、プロフィールがしっかりと埋まっていないとスカウトが全く来ないこともあります。

2.キミスカ

キミスカは、オファーの数が多いため、早い段階で企業とコンタクトを取れます。

スカウトには4種類あり、プラチナ>本気>気になる>通常 とスカウトが決まっています。

企業側が出せるスカウト数が決まっているので、プラチナスカウトや本気スカウトだとあなたによほどの興味があるということがわかるので、自分の評価を客観視することができます。

スカウト以外にも自己分析診断があり、大変便利です。

3.ニクリーチ

本当に待っているだけで、企業からご飯のお誘いが来ます。少人数で食事をするため、人事の方とじっくり話す機会が得られます。そのためにもプロフィール以外に聞きたいことなどまとめておくことが重要です。就活しながらご飯も食べれる大変便利でユニークなサービスです。

これ以外にも多くのサイトがあります。大手思考のサイトや、登録企業数が多いことを特徴にしているものなどサイトによって個性があります。この場合、一つに絞らずにいくつかのサイトに登録して使い分けるのがいいでしょう。

メールが送られて来たら…どうすればいい?

早速登録をして、プロフィールも充実させ、スカウトメールが何通か来たとします。

企業は就職サイトに登録している学生の情報に目を通し、興味を持ったためあなたにスカウトメールを送っています。

このスカウトメールには大きく分けて二種類のメールがあります。それは一斉送信個別送信か分けられます。

一斉送信は大体が大学か理系、文系など大雑把に分けられるものです、内容も全部一緒なので特別な感じはしません。反対に個別送信で来たスカウトメールは丁寧に対応すべきです。

スカウトを受ける場合

スカウトメッセージをもらった企業の選考を受けてみたいと思ったら、3日以内には返信をしましょう。

メッセージの基本は…

  1. メッセージを送ってくれたことへの感謝
  2. 改めて自己紹介と自己PR
  3. スカウトを受けた理由
  4. 日程のすりあわせ

です。

例文

 

株式会社〇〇 人事担当〇〇様

この度はスカウトメッセージありがとうございます。

改めまして、××大学の△△と申します。

大学ではインターネットマーケティングについて専攻しており、ゼミでは地方の**について研究しています。

貴社のHPを拝見させていただき、『世界に〇〇を』という理念に強く惹かれ、事業内容の幅広さに魅力を感じております。

 

ぜひ一度、お話をさせていただきたいと思いますが、いつ頃お伺いすればよろしいでしょうか?

言葉遣いの丁寧な文章を作成するのも良いですが、学生が完璧な文章を作ってくることに、あまり期待していません。

むしろガチガチの文章を作ってしまった場合、あなたへの期待が高まってしまうので、実際に会った時とハードルが高くなってしまいます。もし、これを読んでいるあなたが真面目な人間でないのであれば、慣れない敬語は使わなくて良いです。

最低限、友達に使うような砕けた言葉さえ使わなければ、特に問題はありません。

スカウトを断る場合

興味のない会社から、スカウトメッセージをもらった場合の断り方は大きく分けて2つあります。

メッセージの内容が一斉送信の内容の場合はシカトしても、構いません。

反対にプレミアムスカウトのような通常より良いスカウトをもらった場合は、丁寧にスカウトを受ける意思がないことを伝えましょう。

メッセージの基本は…

  1. スカウトメールに対してのお礼をする
  2. 選考に参加する意思がないことを伝える
例文

 

株式会社〇〇 人事担当〇〇様

この度はスカウトメッセージありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、今回の貴社からのスカウトへの応募を辞退させていただきたいです。

 

またなにかご縁がありましたら、何卒よろしくお願いいたします。

スカウト型就活サイトがあれば内定はもらえるの?

 スカウト型就職サイトを知らない人にとって、企業からスカウトが来るという仕組みは驚きかもしれません。自分から動かなくてもいいということは、一からESを出したり一次面接を受けたりする必要が無いかもしれません。

 

では、スカウト型就職サイトに登録していれば、企業説明会などに行かなくとも就職先が決まるということはあるのでしょうか?

 

結論から言うと、うまくいけば就活をしなくても、ウト型就職サイトを使って就職先を決めてしまうことが可能です。スカウトは就職解禁前から可能ですから、就活が本格的に始まる前から内定をもらうこともできます。これはスカウト型就職サイトを使う大きな利点といえます。事前に内定をもらってしまえば3月から就活が始まっても焦らずに就活できます。

スカウト型就活サイトの注意点

例えば、スカウト型就活サイトを信頼しきって3月からの就活をする準備を怠ってしまうことです。スカウトが来るといっても、それは魅力的なプロフィールを作れている人に限りますし、学歴でバッサリ切られてしまうことも珍しくありません。スカウト型就職サイトを使ってもスカウトされない人はたくさんいますので、このサイトに身をゆだねてしまおうという考えは絶対してはいけません。

そして、もう一つの例が、スカウト型就職サイトで早々に内定をもらってしまい、狙っていた企業にエントリーすることを放棄してしまうことです。スカウト型就職サイトでもらう内定はあくまで自分の望んでいた会社とは違うものかもしれません。本当は行きたい会社があるのに、スカウトで内定をもらったから就活をやめてしまうのでは本来の「仕事に就く」意味から離れてしまいます。就職して仕事をするのはあくまで理想的な生活をする手段の一つであり、どこかに属すことだけが目的になってしまってはよい就活になったとは言えないでしょう。

自分のやりたいことがあって、それが実現できる仕事に就くという流れが本来の正しい就職の一連の流れです。どこでもいいから就職してお金をもらうことが仕事の意義になると、2,3年間ならいいかもしれませんが、長いキャリアで考えると厳しいと感じる時が来るかもしれません。ですから、スカウトで内定を掴んだとしても、自分のやりたい仕事があるのならスカウトで内定をもらった自信を胸に、採用試験にチャレンジするべきです。

スカウト型就職サイトの有効な使い方は?

スカウト型就活サイトの注意点をあげましたが、本来このサイトはとても役に立つツールです。それは、企業から歩み寄ってくれるため楽できるという意味ではなく、自分が入りたい企業に入るための予行練習ができるからという意味です。では、予行練習とはどういう意味か。次に、スカウト型就職サイトで就活を有利に勧められるメリットを3つあげました。

多くのオファーをもらうことで、視野を広げられる

スカウト型就職サイトを使うと、全く知らない企業からオファーをもらうことも少なくありません。このようなオファーは時間の無駄だと考えず、一度受けてみるのがいいでしょう。

全く知らないジャンルの人と話すことは、自分の視野と選択肢を広げるチャンスでもあります。さらに、実際に社会で働く大人と話す機会が得られること自体、就活生にとっていい機会でしょう。就活での面接では、どれだけ社会人慣れしているかが合否を分ける大きなポイントになります。社会人とも物おじせず堂々と話す練習としてスカウト型就職サイトを利用するのは大いににありだと思います。

場数を踏む

就活を成功させるためには場数を踏むことが大事です。面接で緊張してしまうなどの問題はとにかく場数を踏んで慣れるしかありません。そこで、就活が本格的に始まる前から人事の人と実際に会って話したり面接を受けれたりすることで、就活が解禁しても臆せず面接にも対応できるようになります。

就活解禁前のスタートダッシュ

スカウト型就職サイトで就活解禁前に内定をもらえることも非常に大きな強みです。一つ内定をもらっていれば、余裕を持った状態で就活が勧められます。よく、就活は恋愛に例えられますが、余裕のある人がモテやすいのと同じで、就活もすでに内定をもらっている心の余裕は人事には見えていますから、面接時にも落ち着いた雰囲気を出せるかと思います。就活前に1歩リードした状態でいられるのはスカウト型就職サイトを使う大きな強みでしょう。

まとめ

スカウト型就職サイトで就職が有利に進められるようになる理由を述べていきました。スカウト型就職サイトはうまく使えば就職活動の大きな武器になります。もし気になっているのなら、どれでも一つ登録してみて、まずは企業にオファーをもらえるような魅力的なプロフィールを作ってみましょう。企業からのオファーが届けばなにか新しいものが見えてくるかもしれません。