記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年11月22日

就活はつまらない/楽しくないと思うあなたへ

就活はつまらない/楽しくないと思うあなたへ

合説やインターンに参加してはみたけれど、就活ってつまらない…楽しくない…そんな風に思っている人もいるのではないでしょうか。

そろそろ本選考も近づいていく中やらなければいけないと分かってはいても、どうしてもつまらないと感じてしまいやる気が出ない。

そんなあなたに“実は就活って楽しい!?”と思うための秘訣を解説していきます。

 

就活マニュアルプレゼント

就活をなぜ面白くないと感じるのか? 

就活のためにESをだす学生

そもそもなぜ就活を面白くないと思う学生が多いのでしょうか?

就活に対してマイナスなイメージがある

 働く事自体にマイナスのイメージを持つ学生が多いと言われています。

朝の電車などで眠そうに疲れている姿で通勤している姿を見ていると社会人に対してネガティブな印象を持ってしまいますよね。

社会人になれば自分もそのようになってしまうのではないかと不安を抱える人もいます。

就活に対しても、スーツを着て髪色は黒色にしなければならないという堅苦しいイメージやES・面談対策など内定をとるためにたくさん準備をすることを面倒くさいと感じる事などから就活って辛いだけだと感じてしまう学生が多いです。

そんな堅苦しい就活の先にマイナスなイメージの社会人が待っていると考えると余計にやる気が出ない。

どれだけ就活を頑張ったとしても行き着く先は同じだと考えると就活を始める前からつまらないと感じてしまいます。

周りとの差を感じてしまう

就活に焦りを感じだし、何か始めてみようとインターンシップに参加したタイミングで面白くないと感じる学生もいます。

インターンシップの内容では、会社説明やグループディスカッションを扱う企業が多く、他の就活生と関わるタイミングもあります。

グループディスカッションでは初対面の相手と意見を交わすことから、コミュニケーションへの苦手意識や周りの就活生と自分のレベルを比べプレッシャーを感じることから就活に対する苦手意識に繋がる場合があります。

リーダーシップが上手く取れない、自分の意見を上手く伝える事って難しいなど、出来ない事が多いと思ってしまう人ほど周りとの差からつまらないと感じてしまいます。

また会社によってはグループディスカッションをするだけではなく、最終的に人事に対してチームごとに発表を行う場合もあります。

さらにそのプレゼンテーションに順位がつく場合もあるため、周りの学生とのプレゼンテーション能力の差を順位が付くことにより直接的に感じ、自信を失ってしまう就活生もいます。

そもそもやりたい事が見つからない

自分の将来やりたい事が分からない場合、「興味のない企業のインターンシップに参加しても意味がない」と感じる就活生が多いです。

そういった学生は興味のない企業のインターンシップやES作成に時間を使うよりも、バイトや遊びに時間を使いたいといった思いの強い傾向にあります。

一度参加してみたけれどやっぱり説明がつまらなかったといった経験をすると、他の企業も同じようにつまらないのではと考えてしまいます。つまり、興味が出ない限り就活は面白くないという思考に陥ってしまうのです。

どれだけ合説やインターンシップに参加したとしても結局は自分のやりたいことを見つける事が出来ないのではないかと思ってしまいます。

 

ネガティブな就活はもう終わり!時代は変化している。

面白い選考

しかし、そんなネガティブなイメージを抱きやすい就活が、時代とともに変化してきています。

ここでは、就活に対するイメージを良いものにするための、固定概念の変化や考え方を紹介します。

就活の固定概念の変化

最近では、黒髪にスーツで就活をする就活生は年々減少傾向にあると言われています。

むしろ服装自由をお推し進めている企業も多いです。

また服装だけでなく、選考内容や選考フローにも変化が起きています。

ESやSPIといった従来の選考内容以外に脱出ゲーム型の選考や泊りがけのキャンプなど就活生が参加しやすいような企業独自のインターンシップや選考フローを組む企業が増えてきています。

周囲との違いは自分らしさ!

 インターンシップに参加している中で、周りとの差から就活ってつまらないと感じてしまう事はナンセンスではないでしょうか。

なぜなら、その周囲との違いこそが自分らしさであり、その人の武器になるからです。

それぞれの就活に対する価値観や個性は比べられるものではありません。

自分らしさに目を向け、自分らしさを発揮できるようにするにはどうすればいいのかを考えることが大切だと言えます。

何のために就活をするのか?

将来にやりたい事が今明確になく、就活をする目的や目標を持つことすらできない。

やらなければいけないからただただやっている場合、まずは自己分析をやってみるといいでしょう。

自分はどんな社会人になりたいのか、どんな環境で働いていきたいのかなど自分を知っていく中で、その目標を達成するにはどのような職場がいいのか段々と明確にしていく事ができます。

⏬簡単な自己分析の方法はこちらから⏬

就活の軸が分かる自己分析シートのオススメの方法

【実はやり方があります】自己分析ツール・サイトのおすすめ9選

さらに就活にはこんな楽しみ方がある!? 

就活を楽しむ学生

就活をもっと楽しみたい!

そんなあなたに就活を積極的に挑んでいく中で得ることができるメリットを3つご紹介します。

社会を知ることで価値観が広がる

まず就活では社会を知る事が出来ます。

例えば、合同説明会や企業説明会などで世の中の流れや企業毎に取り組んでいる事業を幅広く知る事が出来ます。

様々な業界や企業を知っていく中で、自分の興味がだんだんと明確になっていきます。

また企業の人事と話す機会も多く、どんな社員が働いているのか、どんな思いを持って働いているのかを知る事で自分の価値観が広がります。

価値観が広がることによって自分が本来やりたい事を見つけるきっかけにもなります。

友達が増える

就活を通して他大学の友達が出来ます。

インターンシップなどではグループディスカッションやグループワークなど、一つのお題に対しチームで取り組むことが多く、友達作りにもなります。

普段あなたの周りにいる大学や高校の友達をイメージしてみると、きっとあなたの周りには自然と似た考え方の友達が多いのではないでしょうか。

しかし就活では様々な大学から参加する学生がいるため、自分と似ている人から今まで出会ったことのないような考え方を持った人など様々な人と出会えます。

生まれ育った場所や環境がバラバラな人が集まってくるからこそ、今までにない新しい出会いになります。

また、就活で出来る友達が多ければ多いほど、就活において大切だと言われている情報収集にも役立てることが出来ます。

就活を一緒に乗り切る仲間の存在は本選考からも力になります。

自分の人生が変わる

企業の説明を聞くことで新しい発見があったり価値観が広がったり、人事や社員さんなど色々な人と出会う中で自分の人生が変わるほどの経験をしたりする場合があります。

就活を通じて、何を感じ何を得たのか、その経験こそが自分自身のその後の人生に影響を及ぼす可能性もあります。

つまり一つ一つの縁を大切に楽しみながら就活をしていると自分の人生が変わるかもしれないという事です。

自分の人生が変わるかもしれないような出会いが待っていると考えるとワクワクしてきませんか。

 

 まとめ

就活に対するマイナスイメージは社会に出て働くことへのネガティブなイメージや選考段階での周りとの差、やりたいことが見つからないなどがほとんどです。

しかしそんな就活も時代と共に変化してきており、他人ではなく自分に目を向ける事で

就活では、

  • 社会を知れる
  • 価値観が広がる
  • 友達が増える
  • 人生が変わるきっかけになる

など、果敢に挑戦していく中で得られるメリットもたくさんあります。

働く事や就活に対するネガティブなイメージから就活をつまらない/面白くないと感じる学生が多い世の中だからこそ、楽しみながら就活を進めていくことが納得のいく就活にも繋がるのかもしれません。

一人一人にあった就活の楽しみ方を見つけてみませんか。

 

就活マニュアルプレゼント