記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年11月26日

【恋愛】就活の出会いを無駄にしない、就活中に恋愛をする5つの方法

【恋愛】就活の出会いを無駄にしない、就活中に恋愛をする5つの方法

就職活動を始めてから、普段会うことのない学生や社会人と会う機会がたくさん増えたのではないでしょうか?

学校の就職セミナーから会社の最終面接まで、最初から最後までたくさんの出会いがあります。

これほどたくさんの出会いがあると、恋愛の一つや二つできるのではないかと考える方もいると思います。

 

就職活動と一緒に恋愛活動もしてしまえば一石二鳥なのでは?と。

その通りだと思います!!

出会いを無駄にしない、その姿勢は素晴らしいです。

 

今回はどうやったら就活中に恋愛は上手くいくのか?

について書いていきたいと思います。

就活マニュアルプレゼント

就活は恋愛がしやすい環境である

就活に関するイベントは頻繁に行われているため、

出会う回数は多いです。

マイナビなどが主催している大型イベントやベンチャー企業を中心としたイベントでも幅広く行われています。

更には就活という共通の話題があるため

A さん
 就活どんな感じですか?

と話しかけても全く違和感はありません。(ちょっとざっくり聞きすぎだけど)

よく聞く話では、参加したインターンで同じ班になった人たちと意気投合して、今も関係が続いているという話があります。

就活において出会いが多い場面をいくつか紹介していきます。

グループワーク

言わずと知れた定番中の定番。出されたお題に対して、同じ班のメンバーと話し合って、問題解決をしたりしていくものです。

一緒になったメンバーと連絡先交換をしたという話もよくあることです。

会場に入った時、同じテーブルの人たちとそのままワークをするケースが多く、1日同じ時間を過ごすことになります。

ワークを通して楽しく明るい雰囲気のテーブルになっている状況だと連絡先を交換したりするのがスムーズになるでしょう。

参考記事
今日から始められる、グループディスカッション対策

インターンシップ

上記の内容と似ていますが、同じ会社のインターンを受けたという共通点から話の話題になりやすいです。

解散時間も一緒なので、最寄り駅まで一緒に帰るなんてこともよくあります。

ただメインがインターンと称した会社説明だったり、セミナーだったりするので話して交流をもつことはないかも知れません。

同じ会社選考

就活の終盤。

志望する企業を決め、選考が進んでいる時同じになった人とはかなり話が会うと思います。

なぜかと言うと、その会社を魅力に感じたいという点から似たような考えを持った人、が集まるので共感する部分が多くなります。

「どこでこの会社を知ったの?」

「インターン参加した?」

「会社のどの部分に惹かれた?」

など話をすると価値観が似ている場合は多く、比較的盛り上がりやすいです。もしかしたら同期になる人かも知れませんから関わっておいて損はないと思います。

しかし、上手くいかないケースがほとんど

ここまでたくさんの出会う機会があり、共通の話題があるにも関わらず、就活をきっかけに付き合い上手くいったカップルをあまり聞いたことありません。

それはなぜなのでしょうか。

実はこの『就活』に、いくつか原因があると考えられます。

自己分析してわかるお互いの価値観の違い

就活をする上で欠かせないのが自己分析。

自分は何が好きで、何をすると楽しくて、何を目的として働くのかなど、自分を洗い出します。

自分の考えや価値観をまとめて働きやすい会社などをはっきりさせる意味もあり就活生の全員が必須です。

これによって多くの人が初めて、これまでにないくらい自分の将来に向き合うことになり、就活生の大半が一番頭を抱えることになります。

この自己分析の壁を乗り越えたか否かで、恋愛に対しての価値観も一緒に変わってきてしまう人もいます。

今まではなんとなく見た目がかっこいい、話が合うから付き合うということをしてることが多かった人も、自己分析を通して将来を考えてみると、本当にこの人で良いのだろうかと考える人が増えます。

このため将来のことや、今の現状を見据えて考える一つのきっかけになります。

簡単言うと、人生真面目モードに入ったから、ふざけた付き合いはもう勘弁という状況になりやすいです。

就活が本格化していくにつれて忙しく、後回しにされる

就活が中盤〜終盤にかけて、多くなってくることなのですが…

ベンチャーの早期選考や説明会、インターンが連日重なったりして、相手と合う時間にズレが生じます。

久しぶりの休みが取れたとしても、履歴書やエントリーシートを書いたりしているので、就活や会場までの移動の疲れなどが重なるため、合う気持ちが薄れてしまうなんてことも十分にありえます。

出会いが多いが故に…

もし、就活をきっかけに付き合えたとしましょう。

しかし、あなたも相手もお互い就活生なので、出会いが多い状況であることは変わりません。別の会場で知り合った人が魅力的であり、都合がよかったりなんてこともありえます。

付き合ってから相手のことがつい心配になってしまい、束縛なんてしてしまったら相手の就活の妨げになってしまいます。

恋人が原因で就活が上手くいかなかったなんて状況はぜひとも避けたいです。自信がない場合はオススメしません。

では就活中の恋愛を上手くいくには?

上記では確かに恋愛が上手くいかない方法について書いていますが、上手くいく方法…いや上手くいきやすくなる方法があるので紹介していきます。

自己分析はしておくべき

最低でも自己分析をしておかないと恋愛は上手くいきません。

自己分析では自分の強み、弱みも理解することができます。

先ほども就活生には必須との書きましたが、恋愛でも同じことが言えます。

就活も恋愛も言い換えると自分を売り込んでいることです。

企業に、好きな人に対して「私を採用するとメリットがありますよ!」と伝える必要があります。そのため自分の魅力がわかっていないと相手にアピールすることができませんので、自己分析をしないと恋愛は上手くいきません。

自分をつくろってはいけない

人との距離を縮める簡単な方法があります。それは自分の弱みをさらけだすことです。

アンダードッグ効果というとは、ご存知でしょうか?

他には”負け犬効果”とも呼ばれていて、弱い一面を見せることで好意をもってもらうというものです。

あなたは初対面の人には、いいところを見せようとしませんか?

確かにすごいとは思わせることができますが、同時にレベル差を感じて『話すと壁を感じる。』と思われてしまいます。

就活の面接でも同じく、留学経験、部長、バイトリーダーなどかっこいい経歴を語り、無意識に保守的な態度を取り、面接官からは『本当にそんなに上手く行ったの?』と疑われてしまうこともあります。

しかし、失敗談などが混ざってくると、相手の共感する心に訴えることができますし、失敗談という弱みを見せれてることは相手を信頼しているという意思表示になりますので、警戒心を解くことができます。

そんな心を開いている状態の人には自然と人が寄ってくるものです。

しかし、弱いところを見せるとは上手に伝えないと、変な印象で終わってしまいます。失敗談が1〜2割くらいで少し入っているくらいがちょうど良いです。お互いの関係がグッと縮められるでしょう。

 

 

就活の悩みを解決してあげる

就活ではたくさんの壁があります。

志望業界が決まらない。

自己分析が上手くいかない。

ES、自己PRが上手く書けないなど。悩みがたくさんあります。

 

その悩みを共感できたり、解決させてあげることができたなら、二人の距離が縮めることができます。

わからない問題が解けてはすげぇ〜って思われてる学生いませんでしたか?あれです。

そしてなんか仲良くなってる人いませんでした?

あれです。

就活の問題の解答は人によって違いますが、考え方や自己分析のやり方を変えたり、助言したりすることで解決したなんてこともあります。問題を一緒に解決したり、同じ就活生として悩みを聞いたりしてみるといい発展になるかもしれませんね。

自信と余裕をもってポジティブに!

少し根性論になりますが、ネガティブな人には人が寄って来ません。内定はもちろん恋愛もきません。

就活はネガティヴになることが多いので、ポジティブになることは、無理…と思うことがあると思いますが、外見だけでもポジティブに見えるようにしましょう!!

笑顔で、きっちりと服装を整えて、ハキハキと話していれば、第一印象も良くポジティブな人と捉えられます。

 

 

内面の部分をポジティブにしたい場合は、自分の好きなことをしたり、普段やらないことをチャレンジしてみたりすると良いでしょう。

なにかを乗り越えた人間は、自信があるのでかっこよく見えます。就活には不安や悩みが多いですが、それすらどうやって乗り越えようかとポジティブに考えたりして見るといいでしょう。

欲望をむき出しにしたらアウト

自分が恋愛目当てで就活をしていることが丸見えになっていると、なんともダサく見えてしまいます。下心丸見えの人間というのは本人が思ってる以上に浮いて見えます。採用担当から見ても残念な学生です。

周りは全員揃っているのに、一人だけ違う行動をしているくらい浮いてます。

まとめ

就活中は出会いがたくさんあります。恋愛に発展することは、もちろんあります。しかし上手くいきにくい状況であることも確かです。

最初から恋愛目的で就活をすると、どちらも上手くいきません。

理由として、そもそも周りの学生は恋愛目的で就活していませんが、その中で頼れる存在であったり、友達や仲間として接していけば上手くいきやすいです。

下心が見えている限り距離を置かれてしまい、仮に付き合えたとしても有効な関係を築くことはできません。

まず自己分析を行い、自分の長所、短所をはっきりさせます。将来の夢などもあればなお良いでしょう。

将来のことをしっかりと考えている人には、相手も面接官も惹かれるものがあります。なにより真剣に取り組んでいる姿は誰でもかっこよく見えるものです。

話す時も、自分のすごいところだけではなく、少しの失敗談を混ぜると共感性からいろんな人と関係を築きやすくなります。

見た目がしっかりとしていて、人付き合いを始め、頼れる人が就活でも恋愛も上手くいきやすいのです。

この記事をみて就活も恋愛も上手く行く人が増えることを、お祈りしております。

 

参考記事

 

お祈りメールに傷つけられ、悲しんでいるあなたを元気づけます。

 

就活マニュアルプレゼント