記事詳細

ARTICLE DETAIL
2019年4月17日

【就活の穴場教えます】競争率の低い隠れホワイト企業の探し方

【就活の穴場教えます】競争率の低い隠れホワイト企業の探し方

「良い企業に就職したい、けど多くの人が良いという大手はハードルが高い…」

こんな悩みを抱えている方が多いと思います。

そんな方には私から競争率の低い隠れホワイト企業を狙うことをお勧めします!

 

だけど…

・隠れホワイト企業のメリットがわからない

・隠れホワイト企業の見極め方がわからない

など知らないことも多いと思います。

 

この記事では、そんな悩みを解決していきます。

今後の就職活動で、競争率が低いニッチな隠れホワイト企業への就職を考えている方の参考になれば幸いです。

就活マニュアルプレゼント

1就活市場はバブル期以降最高の売り手市場…?

近年就職活動では、バブル期以降の売り手市場と言われています。

その原因として考えられるのが、人口の減少です。

日本では、今後高齢化社会が深刻な問題となり更なる売り手市場が進むと予想されています。

 

とはいえ、大学の入試と同じく、人気企業の市場は変わらずと言われています。しかし、競争が激しい人気企業だけでなく、ニッチな優良企業を選択肢のひとつとして見てみると、競争力が低い上、意外にマッチすることがあります。

 

現在は、バブル期以降の最高の売り手市場ですが人気企業などは競争率が激しいため、隠れホワイト企業を選択肢として捉えるのも良いと思います。

2 隠れホワイト企業とは

隠れホワイト企業とは、業界で1つのこと・もの・分野に特化している企業のことです。

 

隠れホワイト企業では一般的な企業と違い、独自の高度な技術や知識と常識にとらわれない柔軟さを持っています。そのため、ニッチな企業は中小企業やベンチャー企業が多いです。

 

また、日本のみならず海外展開まで視野にいれている優良企業も多く存在します。

3 隠れ優良企業のメリットとは

隠れホワイト企業には、様々なメリットがあります。

ここでは、隠れホワイト企業のメリットを以下の流れで紹介していきます。

・出世しやすい

・競争相手が少ない

・高収益が狙える

・やりがいがある

 

メリット①:出世しやすい

隠れホワイト企業では、1つのこと・もの・分野に特化しているため市場規模が小さいです。

また、独特な知識や高度な技術を持っている人材が求められるため企業の社員も少ない傾向にあります。

 

そのため、一般的な企業よりも出世する可能性が高く、様々な業務や責任ある立場に関ることができます。

 

将来経営者になりたいという指向であれば、会社全体の業務を経験できる確率は非常に高く、経営陣に加われる時期もぐっと早まります。

 

メリット②:競争相手が少ない

隠れホワイト企業では、1つの事業に特化しているため市場規模が小さく小回りが必要になります。

そのため、複数の事業を展開している大企業は小回りが利かないので参入が難しいです。

また、市場規模が小さいため先行企業が高シェアを取りやすく、他社の途中で参入が難しくなります。

 

その結果、隠れホワイト企業では競争相手が少なく高シェアを取れやすいです。

 

メリット③:高収益が狙える

隠れホワイト企業では、市場規模が小さいことや高度な技術・専門知識が必要なことから競争相手が少ないです。また、先行企業が高シェアを狙いやすいため途中の参入も難しいです。

その結果、隠れホワイト企業では独占状態や寡占状態になりやすく、多数のライバル企業がいるよりも価格競争が発生しにくく高収益を狙うことがでいます。

 

メリット④:やりがいがある

隠れホワイト企業では、大企業などが参入していない分野に集中して事業を展開していきます。

そのため、ニッチだった分野を人気分野へと変わる可能性もあるのでやりがいになります。

(ニッチとは…隙間という意味で誰も手をつけてない分野のことを言うよ)

 

メリット⑤:高年収が狙える

隠れホワイト企業では、高度な技術や専門知識などが必要なため社員人数が少ない傾向にあります。

また、事業を展開する際に参入企業がいない場合や途中参入が難しいので企業価格競争が発生しにくいので、価格を決める事ができます。その結果、社員の人数も少なく高収益なため年収が高くなるメリットがあります。

4 隠れホワイト企業を見極めるには

隠れホワイト企業は、普段あまり見ることがなく事例なども見る機会が少ないと思うので、見極めるのが難しいとされています。

 

ここでは、隠れホワイト企業の見極め方について以下の流れで紹介していきます。

・ベンチャー・中小企業を中心に見る

・経営者・経営状況の力量

・エージェントを利用する

・平均年収を比較する

 

見極め方①:ベンチャー・中小企業を中心に見る

隠れホワイト企業は、

・ベンチャー企業

・中小企業

を確認して見分けることができます。

 

隠れホワイト企業は、市場規模が小さく小回りが必要なため大企業の参入が難しいです。

そのため、小回りが利くベンチャー企業や中小企業の参入が一般的となっています。

 

見極め方②:経営者・経営状況を確認

隠れホワイト企業は、経営者や経営状況の力量を確認して見分けることができます。

隠れホワイト企業では、どの企業が参入していない分野や1つの分野に特化しているなど経営して成果を出すのが難しいです。そのため、経営者の力量が求められます。

また、新しい分野の産業へ参入している企業でも、ある程度成果を上げていなかったら意味がありません。

経営者の力量や成果を上げている企業なのか確認することでニッチな企業なのか見極めることができます。

 

見極め方③:エージェントを利用する

隠れホワイト企業は、エージェントを利用すると見分けることができます。

就職活動が初めてな方や分野に詳しくない方では、隠れホワイト企業を見極めるのは難しいです。

エージェントでは、その分野のプロが担当者して穴場企業を見極めてくれるので心強い味方になってくれます。

その他にも、面接や履歴書作成などサポートもしてくれるメリットもあります。

また、エージェントの利用はお金がかかると思われがちですが、無料でできるエージェントもあるので学生でも利用する事ができます。

 

見極め方④:平均年収を比較する

隠れホワイト企業は、平均年収を確認すると見極めることができます。

隠れホワイト企業では、市場規模が小さく先行企業がシェアを独占・寡占になりやすいです。

そのため、価格競争は発生しにくく高収益を得る可能性が高くなり社員の平均年収も高くなります。

また、ニッチな分野に参入している企業は高度な技術や知識を持っている人材が求められているので大企業に比べて人数が少ないです。その分平均年収も高くなります。

 

5 まとめ

ここまで、隠れホワイト企業について紹介してきました。

 

近年では、バブル期以降最高の売り手市場だと言われていますが人気企業の市場は変わらず競争が激しいです。そのため、就職活動で志望先としてニッチな優良ホワイト企業を選択肢の一つとして考えるのも良いと思います。

 

隠れホワイト企業とは、業界で1つのこと・もの・分野に特化している企業のことです。

 

そんな、隠れホワイト企業のメリットは

  • 出世しやすい
  • 競争相手が少ない
  • 高収益が狙える
  • やりがいがある
  • 高年収が狙える

が挙げられます。

 

隠れホワイト企業を見極めるのは難しいですが

  • ベンチャー・中小企業を中心に見る
  • 経営者・経営状況の力量
  • エージェントを利用する
  • 平均年収を比較する

などを確認・利用することで見極められます。

 

今後の就職活動で、競争率が低い隠れホワイト企業への就職を考えている方の参考になれば幸いです。

就活マニュアルプレゼント